返済が遅れると通常ブラック入りしてお金を借りることは難しくなります。

それは、延滞しながらでも返済しきった後でもです。

ところが、返済も終わっていないし延滞中真っただ中であっても無審査で即日借りれるところがあるとすれば、とりあえず現在の借金だけでもチャラできるので一か所にまとめて管理も簡単に返済できます。

緊急事態からの回避のために借金を

親族の急な不幸があり、急遽葬儀をすることが必用となりました。その葬儀代を工面するのに苦労しました。

  • 金融機関ではを死亡設定が設定されていて故人の預金を引き出せなかった
  • お金の援助を求められる人材が誰もいなかった
  • 葬儀をしないわけにはいかないのでなんとしてでもお金が必用だった

急なことだったので自分の預金も全くなく葬儀ができないのではないかと悩みました。

田舎の地域ですので、すぐに噂が広まるので「お金がないから葬儀をしない」なんて誰かに知れ渡ったらこの地域では生活できないとも考えました。

もともとは故人の預金で葬儀をしようと思っていたのですが、印鑑や通帳がどこにあるか分からず、金融機関に行くと死亡設定がかかっていて相続手続きが完了するまではお金は引き出せないと言われました。葬儀代金をすぐにでも払わないといけないという時間的なものもあり困りました。

今までは消費者金融で借り入れをしたことがなかったので「消費者金融=怖い」というイメージがありました。

しかし、対応も丁寧ですしスピーディーな対応に感激しました。

葬儀の際もお世話になって、なんとか何の滞りもなく葬儀を執り行うこともでき私もホッとしました。

葬儀後も車のトラブルなどで急なお金が必要になったら、消費者金融を利用するようになりました。私の中で消費者金融は薬のような存在で、いざというときに利用させてもらっています。

もし借金に悪いイメージを持ち続けていたら自分自身のイメージが失墜

葬儀を執り行うことができないので非常に困ったと思います。

田舎の地域なので、親族や近所の方が総出で葬儀を執り行う風習があります。

そんな中「お金がないから葬儀をしなかった」と誰かに知られたらあっという間に全員の耳に入ります。

そんな事態になれば、影で何を言われるか分かりませんし、あることないこと言われて、この地域で生活ができなくなってしまいます。

なんとか自分のメンツも保つことができましたし、誰にもお金が無いことを知られなくて済んだので良かったです。

借金することも上手に使えば非常に助かるしイメージも変わる

確かに借金をすると金利の返済で苦労しますが、上手に使えばそれほど苦痛な思いはしません。

私は無利息期間が設けてある消費者金融を選んだので、無利息期間にある程度返済をして、その後の返済が楽になるようにしました。

確かに、返済できる見込みがない金額を借り入れすると返済のために他の消費者金融で借り入れをするなど借金が増え続けますが、自分の収入に見合った金額で計画的なものであればなんの抵抗もなく借り入れができます。

もともと、故人の預金をあてにしていたことが間違いだったのですが相続などに関してなんの知識もなかったので仕方がないことです。

故人もお世話になった方々に見送られて葬儀を執り行うことができて、安心して天国に旅立てたと思います。

今回のことがなければ、消費者金融に対する正しい知識も身につかなかったので、良い経験だったと考えています。

お金に困っても頼れるところがあると思えるだけで安心感もありますし、今後は急な出費に悩まなくて済みます。

消費者金融でお金を借りることは怖いことではないし大事なことを教えてくれる

消費者金融でお金を借り入れすることは、怖いことではありません。しっかりと返済のめどと計画を立てれば安心して借り入れをすることができます。

お金がなくて困っているなら一度相談をしてみてはどうでしょうか。

審査もスピーディーで対応が迅速です。早ければ即日に借り入れをすることが可能なのでおすすめです。

消費者金融にもさまざまな業者があり、それぞれ特徴も異なるので借り入れをする際は、自分にあった消費者金融を選びましょう!

私はもともと几帳面で計画性のある性格でしたので返済計画も自分なりにしっかりとしていました。

しかし、毎月の返済は家計を圧迫したので「もうちょっとだから頑張ろう」と自分に喝を入れていました。

大好きだったパチンコやアルコールを減らすと出費も減って、なんとかやりくりをしました。パチンコやアルコール代って結構、無駄な出費だったんだなぁと気付かされましたし良かったと思います。

私にお金の大切さを教えてくれたんだと前向きに考えるようにしています。